中部から九州にかけて大雨、死者20人近くに

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年7月22日】 中部地方から九州地方にかけて、今週はじめから梅雨前線による大雨が続き、各地で被害が出ている。産経新聞によると、大雨による死者は合計で20人となった。

気象庁や毎日新聞によると、宮崎県えびの市では22日午後4時までの24時間に575mmの雨が降るなどしており、九州の山間部では降り始めからの雨量が800mmを超えたところがある。22日昼現在、熊本県や鹿児島県の計約5万人に避難勧告が出ている。

読売新聞によると、長野県岡谷市では19日朝に鉄砲水と土石流が発生し、自衛隊などが行方不明者の捜索を行った。

朝日新聞によると、大雨による死者は長野県、福井県、岐阜県、京都府、岡山県、島根県など広い範囲に及んでいる。

出典[編集]