中田英寿選手、現役引退公表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年7月4日】 読売新聞によると、サッカー日本代表選手の一人・中田英寿さん(29歳)が自身の運営するホームページで現役選手から引退することを公表した。

中田さんのホームページによると、中田さんは「私自身は半年ほど前からワールドカップ選手権ドイツ大会を最後に現役を退こうと決めていた。今後は新たな自分探しをしたい」と引退をする理由を述べている。

日刊スポーツ、朝日新聞、読売新聞によると、中田さんは1977年山梨県出身。韮崎高校を経て1995年にJリーグ平塚(現・湘南)ベルマーレ入団。その後1998年にイタリアペルージャに移籍し、その後同じイタリアのローマパルマボローニャフィオレンティーナでプレー。ローマでは2000-01年シーズンのセリエA(イタリア1部)優勝を経験。また2001-02年にはパルマでイタリアンカップ(日本の天皇杯相当)にも優勝した。2005-06年にはイングランド・プレミアリーグボルトンレンタル移籍し21試合出場した。

また日本代表としてもワールドカップ選手権1998年フランスから2002年日韓大会、そして今回のドイツ大会の3大会連続で出場するなど、合計77試合に出場し11点を挙げた。また1996年に行われたアトランタ五輪における代表メンバーとしても出場し、ブラジルを下す大金星「マイアミの奇跡」を起こす原動力ともなった。

出典[編集]