中東欧に広がる水害 死者34人に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2005年8月25日】 8月下旬、アルプス地方を襲った水害は、東ヨーロッパのブルガリアルーマニアなどにも被害を及ぼしている。

ルーマニアでは、23日以来、成人7名を含む25人が洪水で死亡し、この洪水が発生した国の中で最大の死者を出した。AP通信によればスイスオーストリア・ブルガリアでは合計で死者9人が報告され、23日以来の洪水による死亡者は合計で少なくとも34人となった、とオーストリアの当局者が語った。他にスイスなどで洪水による行方不明者が報告されている。

ルーマニアの死者は、増水した川にのまれて溺死したものとAFP通信は伝えている。またルーマニア中部では、1万4千戸の住宅が被害を受けている。

BBCの調べによれば、上記のほか、ドイツスロベニアモルドバでも道路の冠水や住宅への浸水による被害が出ている。

BBCの報道によれば、ブルガリアではこの洪水は、過去3ヶ月で3度目の洪水になる。現在まで累計で200万人ほどが影響を受け、少なくとも10人が死亡し、2万戸が損壊している。農場とインフラへの被害額は、100万レヴァ(6億2500万米ドル)と推算されている。

ブルガリアでの被害の背景には、治水対策へのインフラ不足があると市場経済研究所のクラセン・スタンチェフ氏は分析している。スタンチェフ氏によれば、ブルガリアでは、1970年以降、水路や橋を整備するためののための公共投資は行われていない。

各国で、軍や災害救援部隊による救助・復旧作業が行われている。AP通信によれば、オーストリア洪水非常事態局のドリス・イータ局長は「事態はやや好転している」と語った。

関連記事[編集]

出典[編集]