中日・山本昌が41歳で無安打無得点試合達成

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月16日】

毎日新聞、読売新聞、毎日新聞、日刊スポーツによると日本プロ野球セ・リーグ中日ドラゴンズ山本昌投手が、16日(UTC+9時間ナゴヤドーム球場で行われた対阪神タイガース18回戦で無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成した。無安打無得点試合達成はプロ野球では73人目(84度目)、セ・リーグでは34人目(37度目)。また、四死球もなかった。

朝日新聞などによると、41歳1か月での達成は、佐藤義則さんが1995年8月(当時オリックスブルーウェーブ在籍)に近鉄バファローズ戦で達成した40歳11か月の記録を抜き、プロ野球最年長記録。毎日新聞社によると、対戦した打者28人に対して内野ゴロ9、内野フライ5、外野フライ8、三振5、犠打1。出塁を許したのは赤星1人で、4回の三塁手森野の失策による出塁。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 1 0 0 2 0 0 0 0 x 3 5

(9月16日15時1分開始、会場:ナゴヤドーム)

出典[編集]