中央道で21台玉突き事故-長野

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search
事故のあったカーブ、右上が阿智PA。下り線は、右上から左中央へ走行する。(資料)(国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省)

【2006年9月14日】

共同通信などによると、14日午前1時頃、長野県阿智村中央自動車道阿智パーキングエリア付近の下り線で、大型トラックを含む21台が次々に衝突し、14名の死傷者を出した。

中日新聞によれば、最初に大型トラックがスリップのため横向きに停車し、道をふさいだ。そこに、20台の車が次々に衝突した。最初のトラックに乗っていた運転手など4名が亡くなり、1名が重体、9名が重軽傷を負った。

朝日新聞によれば、事故にあったトラックの運転手は「ブレーキをかけたが間に合わなかった。雨のため道路は氷のようにつるつるだった」と話した。

現場は半径300mの急カーブ。下り坂でスピードが出やすく、制限速度は他の箇所よりも10km/h遅い70km/hに設定されている。中日新聞によれば、2001年度からの5年間で54件の事故が発生している。この日は雨が降っていたが、天候による速度規制はなかった。

出典[編集]