中央競馬最古のレコードタイム更新

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月28日】 スポーツニッポンによると、8月27日に小倉競馬場で行われた第10レース「阿蘇ステークス」(3歳上オープン戦)で、サンライズキングダートコース1,700mの中央競馬レコードタイムを37年ぶりに更新した。

ラジオ日経とスポニチによると、サンライズキングはスタートから先行しそのまま逃げ切って、2着のメイショウホウオウに1¼馬身の差を付けて優勝した。タイムは1分41.8秒(不良馬場)で、1969年に記録したタケシバオーの1分41.9秒を0.1秒上回り、ダート1,700mの新記録達成となった。この記録は、37年5ヶ月に渡って更新されておらず、中央競馬では・ダートを含めて最古の記録となっていた。

出典[編集]