中央競馬・藤田騎手 暴行事件で3ヶ月間の騎乗停止

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年1月7日】 日刊スポーツによると、中央競馬藤田伸二騎手(34歳)が昨年12月に起こした飲食店員への暴力行為に対して日本中央競馬会(JRA)は1月5日、昨年12月22日にさかのぼってこの日から今年3月21日までの3ヶ月間の騎乗停止処分にすることを決めた。

スポーツニッポンによると、藤田騎手は昨年12月21日未明に滋賀県栗東市の飲食店で男性従業員に暴力行為をした。JRAは翌日、裁定委員会の正式な決定があるまでの騎乗停止を課した。裁定委員会では藤田騎手に対し弁明書の提出を求め、1月4日に提出された。それを基に審議した結果3ヶ月間の騎乗停止処分を下した。

なお藤田騎手は2006年度の厩舎関係表彰において、勝利度数・勝率・賞金獲得による「優秀騎手賞」と「フェアープレー賞」の表彰の対象となっていたが、今回の事件により表彰から外された。

デイリースポーツによると、1984年と1989年に起きた競馬騎手の暴力行為では、それぞれ3ヶ月と4ヶ月の騎乗停止処分となっている。

出典[編集]