中央競馬、8月25日から通常開催

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年8月23日】 馬インフルエンザの影響を受けて、前週の開催を取り止めていた日本中央競馬会(JRA)は8月22日、8月25日・26日の中央競馬の開催新潟小倉札幌)を予定通り実施すると発表した。

JRAは今回発生した馬インフルエンザの感染源はまだ特定できていないとしている。しかし、実施した疫学調査では8月16日・17日の段階において陽性反応があったのは全体の19.4%であったのに対し、8月20日・21日の段階では9%に減少しており、また発熱馬も8月18日の96頭をピークに減少傾向となり、大流行した1971年末のような広がりは確認されていない。こうしたことを踏まえ、JRAでは8月25日・26日の競馬開催は予定通り行うことが出来ると判断した。なお馬インフルエンザの陽性反応を示した馬に関してはこの週の開催でも出走させないこととしている。

また西日本スポーツによると、馬インフルエンザの陰性反応を示した競走馬については出馬登録後再検査を行い、陰性が確認された場合レース出走が可能となっている。来週以後は原則として出馬登録のための検査は行わないとしている。

なおJRAは8月19日に開催する予定となっていた以下の重賞競走の開催日を次のとおりとすると発表した。

またデイリースポーツによると、やはり馬インフルエンザの影響で開催を中止していたホッカイドウ競馬金沢競馬の開催についても、各々8月28日と9月2日から再開することを発表した。

出典[編集]

関連項目[編集]