中央大学教授が殺害される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
高窪氏が殺された中央大学後楽園キャンパス(資料)

【2009年1月26日】

サンケイスポーツ毎日新聞によると、中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区)で、1月14日午前10時半ごろ (UTC+9)、「男性が血を流して倒れている」と校内を巡回していた警備員から110番があり、警視庁が調べたところ、同大学理工学部教授・高窪統(たかくぼ・はじめ)氏(45歳)が背中などおよそ10数箇所を刺されて倒れており、直ちに病院に搬送されたが1時間後死亡が確認された。

毎日新聞によると、高窪氏が倒れていたトイレ付近には同氏の研究室があり、当時高窪氏は午前10時40分から開催される予定だった2時限目の授業を控えていたという。

サンスポによると、警視庁の捜査本部は、高窪氏が刺殺されたトイレ付近には争ったような跡はなく、犯人がトイレで待ち伏せしていきなり高窪氏を襲撃・危害を加えて殺害したのではないかとみて、現場から逃げ去るのを目撃された男の行方を追っている。また現場から南東200m離れた東京メトロ地下鉄後楽園駅のトイレにも血痕があったのが見つかったため、血液の分析など、関連を調べている。

出典[編集]

外部関連記事[編集]

いずれも中央大学公式サイト