世界陸上400m障害で為末大選手が銅メダル

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月10日】

世界陸上競技選手権・ヘルシンキ大会4日目(現地8月9日)の男子400mハードルレースにおいて、日本の為末大選手が48秒10で銅メダルを獲得した。為末は2001年に開かれたエドモントン大会に続く2回目のメダル獲得の快挙を成し遂げた。

為末は今大会、予選(現地6日)で全選手全体で3位に当たる49秒17のタイムで通過し、準決勝レース(現地7日)でも48秒16で2大会ぶりの決勝進出を果たした。

このレースの優勝はアメリカのB・ジャクソン選手で47秒30、2位はジェームス・カーター(アメリカ)で47秒43だった。

出典[編集]