このページは半保護されています。編集が必要な場合はログインしてください。

世界陸上選手権大会女子800m優勝者に男性の疑い 性別調査へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月21日】 CNNによると、世界陸上競技選手権大会ドイツベルリン)で8月19日(UTC+2=ドイツ夏時間 日本時間-7時間 以下同)開催された女子400m走で優勝した南アフリカキャスター・セメンヤ選手に、男性ではないかという疑惑がもたれており、国際陸上競技連盟が医学調査をした上で性別を確認することを表明した。

毎日新聞によると、セメンヤさんは18歳。今年開催された南アフリカ国内の陸上選手権大会で優勝してこの世界選手権にコマを進め、170㎝・64㎏の恵まれた体格を活かして他の選手を圧倒。1分55秒45の今季世界最高記録で優勝したが、これより前の7月に開催されたアフリカジュニア陸上競技会の同じ競技で1分56秒72の当時の今季世界最高で優勝した際、顔立ちが少年のようであるということから同大陸のマスメディアを中心に性別疑惑が指摘されていた。この当時、国際陸連は南アフリカの陸上連盟に確認を取ろうとしたが、南アフリカ陸連はそれを拒否。国際陸連はこの世界選手権のレース後、セメンヤさんをメダリストの公式会見に出席させないでドーピング検査と合わせて性別調査も行ったが、その検査結果には数週間程度かかるため、8月20日開催の表彰式は行うとしている。

情報源