このページは保護されています。新たな情報は続報として投稿してください。

世界無形遺産に歌舞伎など43件追加

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年11月26日】 11月21日から24日にかけて(日本時間,UTC+9)世界無形遺産登録の審査会がパリのユネスコ本部で行われ、ユネスコは25日、審査された65件のうち歌舞伎など43件を新たに追加したと発表した。この世界無形遺産は「無形文化遺産保護条約」に基づいて登録・保護されるが、発効条件である30カ国以上の批准を満たしておらず現在未発効(2006年には発効する見込み)。ユネスコは2001年、2003年とこれまでに2回候補としての発表を行っており、今回2005年は3回目となった。これにより、世界無形遺産(候補)は合計90件となった。

日本ではすでに、2001年に「能楽」、2003年に「人形浄瑠璃文楽」が世界無形遺産に追加されている。

今回追加された43件は以下のとおり。(ユネスコの資料からの暫定的な訳による)

関連記事

出典

  1. ムベンデ/ジェルサレマの踊りユネスコ・アジア文化センター、UNESCO 2005.