世界最高齢の115歳男性、死去―ギネス認定から1ヶ月ほどで

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年1月25日】

産経新聞とCNNによると、24日 (UTC-4) 、アメリカ自治領のプエルトリコに住む、ギネス・ワールド・レコーズ認定の世界最高齢者で男性の、エミリアーノ・メルカード・デル・トロさん (115) が自宅で死亡した。死因は老衰だという。

メルカードさんは、1ヶ月前に、116歳のアメリカの女性が亡くなって、ギネスに認定されたばかりだった。産経によると、アメリカの「老人学研究グループ」は、これで世界最高齢はアメリカコネチカット州の女性エマ・ティルマンさん (114) 、2番目は日本の福岡県の女性皆川ヨ子さん (114) となったとした。同グループの発表したデータによれば、男性の長寿一は、総合で37位の日本の田鍋友時さん (111) となった。

なお、CBCによれば、世界第2位であったカナダの女性、ジュリー・ウィンフレッド・バートランドさんが今月17日に115歳で亡くなっているが、死亡が約1週間早かったためにギネスに載ることはなかった。

出典[編集]