世界体操選手権女子個人総合で鶴見虹子選手が銅メダル 同競技での日本人女子43年ぶりのメダル獲得

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年10月18日】

時事通信・共同通信(47NEWS)によると、体操世界選手権第4日は10月16日(BSTUTC+1)、女子個人総合の決勝がロンドンO2アリーナで行われ、日本鶴見虹子(こうこ)選手(17, 朝日生命体操クラブ)が銅メダルを獲得した[1][2]

時事通信・共同通信によると、日本人女子が個人総合で表彰台に上がるのは、1966年の世界選手権(ドルトムント)で3位に入賞した池田敬子選手以来となり、五輪・世界選手権を通じて43年ぶり2人目[1][2]

時事通信・共同通信によると、予選で7位だった鶴見選手は段違い平行棒で15.050点、平均台で14.800点を記録するなど、4種目全てにおいて予選での得点を上回り、合計57.175点を記録した[2]。4位との点差は0.025点であった[1]。このほか、初出場となるブリジット・スローン選手(アメリカ合衆国)が合計57.525点で優勝、レベッカ・ブロス選手(アメリカ合衆国)が2位。日本の上村美揮選手(朝日生命体操クラブ)は合計51.075点で22位に終わった[2]

情報源[編集]

各情報源の日時はUTC+9

  1. 1.0 1.1 1.2 時事ドットコム 『鶴見、銅メダルに輝く=個人総合で日本女子2人目-世界体操』時事通信社、2009年10月17日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 47NEWS 『体操の鶴見虹子が銅メダル 日本女子43年ぶりの表彰台』共同通信、2009年10月17日。