世田谷一家殺人事件、警視庁は残り9着の行方追う

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月1日】 2000年12月31日の世田谷一家4人強盗殺人事件で、犯人の遺留品とみられるトレーナーは、京王線沿線にある4カ所の衣料品店で10着だけ売られていたと警視庁が1日発表し、警察庁のウェブページで写真を公開した。このトレーナーはドラマで人気俳優が着ていたものの複製品だったことから、警視庁は犯人を京王線沿線の若者と想定している。

現在、トレーナー1着の購入者がわかっている。警視庁は、残り9着の購入者を探している。

出典[編集]