三笠フーズが「汚染(事故)米」販売で営業禁止命令

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年9月13日】

朝日新聞によると、農薬カビなどの汚染で工業用にしか使う事が出来ない「事故米」(汚染米)が食用に転売されていた問題で、福岡県はこれを販売していた「三笠フーズ」(本社大阪市)の福岡県筑前町にある九州事業部に対して食品衛生法に基づき、事故米の回収を除く食品事業全般の取り扱いを禁止する営業禁止命令を9月12日に出した。

福岡県の説明によると、三笠フーズ九州事業部は事故米の転売が見つかった後も、汚染されていない米を取引していた。

またNHKによると、福岡県は三笠フーズが「食用の米を出荷するとき、誤って回収された(事故)米が混ざる恐れがある」として回収作業に専念させるために営業禁止令を出したとしている。

出典[編集]

外部リンク[編集]