ヴォーカリスト・浜崎あゆみさん、左耳に難聴を抱える

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年1月7日】 産経新聞によると、日本ヴォーカリスト浜崎あゆみさん(29歳)が自らのブログ突発性内耳障害の悪化で左耳が完全に機能しない状態だったことを明かしたことが1月6日わかった。

浜崎さんは自らの公式ファンクラブウェブサイトに掲載した1月4日付のブログで「実は去年(2007年)耳の検査をしてもらったが、左耳はもう完全に機能せず治療のすべはないと診断された」と説明した。浜崎さんは2000年にも痛みや難聴感を伴う左耳内障害を訴えていた。ただ、スポーツ報知新聞の記事では関係者の話として、「完全に聞こえないというわけではなく、今後の活動にも影響はない」としている。浜崎さんも「私は心のどこかで手術を受ける時間をとりさえすればまた聞こえるのではないかと思ったが違った」と告白し、ファンに対しても「このことを悲観的にとらえないでほしい。私はこの現実を受け止めた。絶望なんかしていないし、希望の光が差していることもわかってほしい」、また産経の報道によると「私はヴォーカリストであり続けたい。右耳のいけるところまで歌い続ける」とも訴えている。

また、産経によると中国の新華社通信もこの記事を英文に翻訳・引用して紹介した。

出典[編集]