ロシア・ダゲスタンで軍トラックが爆発

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月3日】

ロシアの地図(ダゲスタンを赤で示す)

9月2日、ロシア・ダゲスタン共和国の首都マハチカラで爆発のため1人が死亡、5人が怪我をしたと警察が発表した。現場には、軍の処理班とトラックが軍の基地近くの街路で爆発物を捜索するために派遣されていた。技術者がトラックを降りたときに、爆弾が爆発した。

ITAR-タス通信によると、ダゲスタンの当局は当初爆発で軍人2人が死亡、3人が負傷したと伝えていた。のちに当局は、軍人6人と民間人1人が負傷したが、死亡者はなかったと伝えている。ある警官がITAR-タス通信に語ったところによると、爆発が起こったとき大隊はパトロール中だった。

RIAノーボスチ通信とインタファクス通信は、医師の証言として、1人が死亡し6人が負傷したと伝えている。RIAノーボスチ通信は、爆発はトロリーバスの付近で起こったとも伝えている。

警察はすぐに爆発現場を封鎖し、現場には警察と救急隊がただちに到着した。

爆発物を仕掛けたと思われる人物は、警察が追跡したが、警官が発砲したあと、この人物は姿を隠した。

爆発事件自体はこの地方ではめずらしいことではない。イスラム教徒が多数派であるダゲスタンでは人種間の緊張が高まり、その結果、しばしば警察や政府関係者が攻撃されている。

出典[編集]