レストランガイド本「ミシュラン」関西版10月創刊

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月2日】

オリコンによると、ミシュランレストランを紹介したガイドブック「ミシュランガイド」の関西版に当たる「ミシュランガイド京都・大阪2010」を10月16日(UTC+9 以下同)に日本語英語の2つの版で発売すると発表した。

時事通信によると、今回初めて発行される「京都・大阪版」は京都府大阪府のレストランやホテル旅館200から220施設程度を収録しており、快適さを5段階評価するマークや、風呂の種類が内風呂共同風呂かについてもマークで示す。オリコンによると、ミシュランの社員が2年前から匿名で京都府・大阪府のレストランやホテル・旅館を訪れては取材し、一般客と同じ立場で料理や各種サービスを体験し、評価を付けていた。

オリコンによると、「ミシュランガイド」の責任者・ジャン・リュック・ナレ氏は「京都と大阪では2年ほどかけてじっくりと時間をかけて調査をし、伝統と新しさの共存する両都市の食文化の魅力を伝えるガイドブックにいそしんだ」と話している。また日本版の第1号で、今回第3巻となる「ミシュランガイド東京2010」も11月20日に発売される予定であるが、ナレ氏は「3年目の経験を生かしながら、これまでの掲載店と新規に紹介する店の調査をして現時点で最高と考えるセレクションを提供したい」と話している。「ミシュランガイド」は1900年に創刊され、現在世界90カ国で1900万部が販売されている。2010年度版は日本を含め23カ国の情報が掲載されるという。なお日本版2冊とも定価は2415で9月1日から予約を開始する。

情報源[編集]