ラインクラフト急死

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月20日】 朝日新聞によると、中央競馬競走馬ラインクラフトが8月19日、北海道牧場での調教中に急性心不全で死んだ。4歳だった。

日刊スポーツによると、同馬は2005年に桜花賞NHK杯・マイルカップの2つのグレードワン (G1) を制するなど、13戦6勝の成績を挙げており、「今月末に栗東トレーニングセンターに帰って、スプリンターズステークスの出走を目指す予定だった」(瀬戸口勉調教師)が、8月19日早朝、放牧先だったノーザンファーム空港牧場で調教後に倒れ、急性心不全で死亡した。

出典[編集]