ライブドア堀江社長ら、証券取引法違反により逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京地方検察庁(資料)

【2006年1月23日】

毎日新聞によると、ライブドア(東京都港区)グループによる証券取引法違反事件で、東京地方検察庁特別捜査部は23日、堀江貴文ライブドア社長(33歳)を同法違反容疑で逮捕した、と発表した。またライブドア幹部の宮内亮治取締役(38歳)、岡本文人取締役(38歳)、中村長也ライブドアファイナンス社長(38歳)らも逮捕した。

読売新聞によると、フジテレビジョンは23日、堀江容疑者の逮捕を受けて、昨年4月に合意していた資本提携を解消した。 フジテレビの日枝久会長は23日夜、報道記者団に対し「和解を慎重に進めていたが、残念だ」とコメントをしている。 提携解消の損失については、「損害賠償の請求は選択肢の一つ」とも述べている。

毎日新聞によれば、東京証券取引所が上場廃止を視野にライブドアとライブドアマーケティングのそれぞれの株を監理ポストに割り当てた。

出典[編集]