ミス・ユニバース世界大会 森さんが日本人48年ぶりの優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年5月30日】

朝日新聞がロイター電で伝えたところによると、5月28日(現地時間)にメキシコ市で行われた「ミス・ユニバースコンテスト」で、日本森理世(もり・りよ)さん(20歳)が56代目のミス・ユニバースに選ばれた。

読売新聞によると、森さんは静岡市出身。バレエの技術習得のため高校時代からカナダに留学し、帰国後はダンススクールのインストラクターを務めていた。日本人がミス・ユニバースに選ばれたのは1959年の児島明子さんについで48年ぶり2人目の快挙である。また昨年度は知花くららさんが準ミスに当たる2位を獲得した。

デイリースポーツによると、共同通信社のインタビューに答えた森さんは「周りの方がサポートしてくれたおかげ」とミスに輝いた喜びと感想を述べている。

出典[編集]