マリナーズ・イチロー選手 現役通算2500安打達成

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
イチロー(GFDL)

【2006年6月17日】

サンケイスポーツによると、アメリカ大リーグシアトルマリナーズイチロー選手が6月7日(UTC-7、日本時間8日)、シアトルで開かれたミネソタツインズとの対戦で現役通算2,500安打を達成した。

イチローがこの試合の6回の攻撃で、ツインズのウィリアム・エアー投手からの5球目を打ったセンター前ヒットが、2,500本目の安打となった。日本プロ野球選手経験を持つ選手が2,500安打を達成したのは史上7人目。ただし、日米のプロ野球の通算であるため、日米どちらの公式記録にも2,500安打とはならない。

イチローは試合後の談話で「デビューした時はこの記録に到達することは想像していなかった。こうして記録達成できたのも積み重ねがあったから」とコメントした。また産経新聞、朝日新聞によると、32歳での2,500安打は日本人初。大リーグで見ても、イチローより速いのはタイ・カッブ選手の31歳だけである。

出典[編集]