プロ野球福岡ドームの試合が飛行機トラブルで中止に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年7月28日】

開催される予定だった、福岡ドーム(資料)

時事通信によると、福岡Yahoo!JAPANドーム球場で7月27日に開催される予定のプロ野球福岡ソフトバンク西武」の試合が、西武の選手らが利用する予定の飛行機の機体故障などを理由として試合が中止になった。

西武の選手らは7月27日午前11時35分に東京を出発し福岡に向かう予定の全日空機に搭乗することになっていたが、機体の故障で出発が大幅に遅れ、また後継の飛行機も満席だったことから、両チームの間で協議を行い、福岡ソフトバンク球団は午後3時15分に開催を中止することを決めた。

中日新聞によると、パシフィックリーグ連盟の規定で「交通機関の遅延などで目的空港に開始2時間前に到着が出来なかった場合は試合を中止する」規定がある。当初福岡ソフトバンク球団は試合開始を午後6時から1時間ずらして7時開始にすることも検討したが、午後3時の段階で西武の選手が出発できず開催することが出来ないと判断して開催取り止めを決めたとしている。また時事通信によると、「観客の帰宅にも影響が出る」として中止にしたとも伝えている。

なお、時事通信によると、飛行機の欠航などによるトラブルでの試合キャンセルはパ・リーグで過去3例あり、最近では台風のため飛行機が欠航となった2004年8月30日開催予定の福岡ダイエー(現・ソフトバンク)対北海道日本ハム(福岡ドーム。現在の福岡Yahoo!JAPANドームと同じ)以来のケースである。また中日によると飛行機の機体故障という理由の中止ではパ・リーグでは初めてのことだった。

出典[編集]