プロ野球最年長・工藤投手が埼玉西武に復帰 - 16年ぶり

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年11月15日】 朝日新聞によると、プロ野球の現役選手で最年長の46歳・工藤公康投手が埼玉西武ライオンズに16年ぶりに復帰することが11月14日(UTC+9)決定した。工藤は横浜ベイスターズ所属の2009年は中継ぎを中心に46試合出場で2勝3敗の成績を残したが、横浜球団から自由契約を言い渡された。

毎日新聞によると、工藤は同新聞のインタビューに答え「埼玉西武以外に、東北楽天イーグルスからも関心を持たれた」とした上で、「一緒に戦った選手が監督(渡辺久信現・埼玉西武監督)でがんばっている。その監督をもう一度男にしたいし、優勝したいという気持ちが伝わった」として埼玉西武への入団理由を述べている。また渡辺監督も「今までの経験を生かして、今年うち(埼玉西武)の弱かった中継ぎを補ってほしい」と、期待を寄せている。

時事通信によると、工藤は実働28年の豊富な経験での技術面や調整の仕方は菊池雄星らの手本になるはずだが、指導面では過度な期待が負担になるとして、渡辺監督は「工藤を獲得するなら純粋に戦力として評価する」として現役投手としての活動に専念する方針としている。

情報源[編集]