プロ野球・セ・リーグ 巨人軍サヨナラで5年ぶり優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年10月3日】

読売新聞によると、プロ野球セ・リーグは10月2日、東京ドームで開かれたヤクルトスワローズ戦で5x-4のサヨナラ勝ちをした読売ジャイアンツが5年ぶり・リーグ戦31回目(1リーグ時代を含め40回目)の優勝を決めた。

試合は1点のリードを許した9回、2アウト満塁のチャンスに清水(隆)が相手守備のエラーと内野安打により2点を返して逆転サヨナラ勝ちを決めたものである。朝日新聞によると、前回の巨人軍の優勝は2002年で、4年間優勝できなかったのはチーム史上最長の間隔であったという。

両紙によると、巨人軍は今年度スタートする上位3チームでのトーナメント大会「クライマックス・セ」の第2ステージ(決勝相当。10月18日から東京ドームで5戦3勝制)にコマを進め、中日阪神が争う同大会第1ステージ(10月13日からナゴヤドームで3戦2勝制)の勝ち抜けチームと日本シリーズ(10月27日から7戦4勝制)出場権をかけて争う。但し、年間リーグ優勝については、144試合で争われるリーグ戦の勝率1位のチームとなる。

出典[編集]