プロレス団体『DRAGON GATE』でサル虐待、所属プロレスラーら書類送検

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月1日】

朝日新聞産経新聞神戸新聞によると、兵庫県警須磨署9月1日UTC+9、以下同様)に、プロレス団体・『DRAGON GATE』(神戸市)所属の男性プロレスラー(27歳)と練習生の男性(23歳)、元レスラーの男性(35歳)ら4人を、団体内で飼っていたニホンザル虐待していたとして、動物愛護法違反の容疑で、神戸区検書類送検した。

産経と神戸新聞によると、須磨署の発表として、4人のうち3人は、4月22日に神戸市須磨区の同団体の練習場で、飼っていたニホンザルの首を両手で掴んで宙吊りにしたり、箱の中に入れてを近付けるなどの虐待行為を行ったとされる。また、各新聞によると、飼い主の男性レスラー(31歳)は、県知事に対し飼養許可の届け出を行わないまま、ニホンザルを飼っていた容疑がある。

産経によると、同署の発表として、虐待していた3人は「虐待はいたずら目的だった」と話しており、また、無許可飼育については、「飼育に許可が必要なことは知っていたが、面倒だった」と話しているという。

朝日によると、DRAGON GATE側は、「安易な行動によって、ファンや世間の皆様に不快な思いをさせた。今後然るべく対処する」とのコメントを発表した。

情報源