プロレスラーの三沢光晴選手急死 試合中に頭を強打

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年6月14日】

毎日新聞によると、6月13日午後8時30分ごろ(UTC+9)、広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会の試合において、メインイベントのタッグマッチの試合に出場したプロレスラー三沢光晴氏(46歳)が相手選手のバックドロップを頭に強く受けて倒れ、そのまま動かず心肺停止状態となり、緊急搬送された広島大学病院で死亡が確認された。広島県警によると、三沢氏の死亡が確認されたのは同日午後10時10分(UTC+9)。

三沢氏が対戦相手からのバックドロップを受ける際、受け身が十分にとれず不自然な形で落下し、そのまま倒れこんだ。レフリーが異変に気づき「動けるか」と問いかけると「動けない」と返答したため、そのまま試合はレフリーストップで中断した。その後、三沢氏は選手などからの問いかけに応じず、呼吸が止まったことから心肺停止になったと判断したトレーナーや観戦していた医師がAED(自動体外式除細動器)などで蘇生を試みたが、心肺停止状態のまま病院に搬送された。

朝日新聞によると、この試合を見ていたという広島市内の会社員の32歳の男性は「三沢氏がバックドロップをかけられる前に体がよろめいていた。三沢氏にいつもの体の切れがなく、疲れていた様子だったので、大丈夫かなと思って試合を見ていた」と話す。また、スポーツニッポンによると、三沢氏が意識不明となった瞬間、会場にいたおよそ2300人のファンからは「三沢、三沢」と応援する声が上がっており、搬送後も会場は騒然とした状態が続いた。

日刊スポーツと毎日新聞によると、三沢氏は北海道夕張生まれで、埼玉県出身。足利工大付属高校アマチュアレスリング国体に優勝。その後全日本プロレスで選手としてデビュー。第2代タイガーマスクとして活躍した後、1990年にマスクを脱いだ。その後は超世代軍団を結成し、3冠選手権タイトルを獲得。2000年に全日本プロレス社長を辞任した後に、プロレスリング・ノアを結成。GHCヘビー級の初代タイトルにも輝いた。

プロレスラーの試合中の死亡事故・過去の例[編集]

スポーツニッポンの別の記事によると、日本のプロレスリングにおいて試合中における事故で死亡した例はこれまでに3件ある。

出典[編集]