プラティニ氏 スイスの司法当局は容疑者の可能性も含めた「参考人」と位置付け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年9月30日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長は9月29日に、2016年2月に行われるFIFA(国際サッカー連盟)会長選に向けて、「(FIFAの)組織改革のため」に立候補する意向を改めて示した。その上で、このたび明らかになったブラッター会長から不当に金銭を受け取った疑惑について「当時FIFAに支払い能力がなかったため、一部報酬しか受け取っていなかった」とした上で「私の潔白に疑いはなく、何も悪いことはしていない」と、話している。

しかし、スイス検察当局ではプラティニ氏について、容疑者の可能性もある「参考人」と見ていることを明らかにした。これはスイスのミハエル・ラウバー検事総長が9月29日に、スイス・チューリヒで記者団に話したもので、「参考人としての聴取ではない。参考人と容疑者の中間にいる人物として取り調べた」とプラティニ氏を容疑者の可能性もある「参考人」と位置付けていて、今後はスイスの西部・ニヨンにあるUEFA本部を家宅捜索する可能性を明らかにした。

情報源[編集]