ブラジルからモンゴルで皆既日食

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
皆既日食で見られたコロナ、NASAによる
青い部分が皆既日食の起こった地域。NASAによる

【2006年3月30日】

CNNによると、29日、世界各地で皆既日食が観測された。

NASAによれば皆既日食が起きたのは、ブラジル東端から大西洋を渡り、西アフリカコートジボワールガーナトーゴペナンナイジェリアニジェールチャドリビアエジプト、さらに地中海を渡って、トルコグルジアロシアカスピ海北部、カザフスタン、ふたたびロシアモンゴルまでの地域で、およそ午前8時35分から11時47分 (UTC) までの間。長いところで4分程度の皆既日食だった。

ボイス・オブ・アメリカによれば、ガーナのアクラでは、銀行や商店が開店休業状態となり、町の人々が皆既日食を観測した。CNNによれば、トーゴでは当日の半日を休日にした。朝日新聞によれば、リビアのワウアナムスには、皆既日食を見ようと約2,000人が集まった。また、産経新聞によればエジプトのサルームにはホスニー・ムバーラク大統領はじめ7万人が集まった。

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズこの皆既日食に関するマルチメディアファイルがあります。

出典[編集]