フジテレビ、プロ野球巨人戦の地上波中継を8月から取りやめ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
フジテレビ(資料)(GFDL)

【2006年7月11日】

朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞、サンケイスポーツによると、フジテレビは7月7日、プロ野球ナイター読売巨人軍に係る試合の地上波でのテレビ中継を8月から取りやめてCSテレビなどの中継に変更すること及び7月に放送される予定の3試合の中継延長を行わないことを発表した。

サンスポによると、フジテレビ広報部は「巨人戦の中継に対する視聴者の反応・ニーズが低下している」ことを巨人戦のテレビ中継取りやめの理由としてあげている。朝日によると、巨人戦のテレビ中継の視聴率ビデオリサーチの調べで2006年に入って4-6月までの放送分が1989年に月間平均視聴率を調査して以来の過去最低を記録している。

日経によると、フジテレビのプロ野球・巨人戦の中継は2005年8月からこれまでの中継の最大延長を30分から15分に短縮していた。またフジテレビでは今年8月と9月にあわせて5試合の中継権を確保していた。

出典[編集]