フジテレビ、「めざましテレビ」でやらせ演出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月9日】

9月8日の報道各社によると、フジテレビは、同局をはじめとしてフジネットワークの27局から日本各地に広く放送されている早朝のワイドニュース番組めざましテレビの1コーナー、「めざまし調査隊」で、いわゆるやらせの演出があったことを発表した。

このコーナーは毎週月、火、水曜日に放送されており、視聴者からの投書から街の話題を当事者が出演して伝えるというもの。今回のやらせが発覚したのは2004年5月から2005年4月に放送された番組のうちの3件である。ディレクターが用意したお守りを「妻からもらったお守り」としたり、ディレクターの知人にダイエット中の女性や失恋した女性を演じさせた、などである。

フジテレビではこのコーナーを9月7日の放送を最後に打ち切りとし、これらやらせ行為を行った外部製作会社のディレクターとの契約を解除するとともに、取締役情報製作局長ら3人を9月8日付を持って減俸・減給の処分にした。ディレクターは2002年から番組に携わっていた。

出典[編集]