ピストでの公道走行に罰金、日本で初適用

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年11月23日】

Wikipedia
ウィキペディアトラックレーサー(ピスト)に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアノーブレーキピストに関する記事があります。
トラックレーサー(ピスト)。写真は、1972年にエディ・メルクスメキシコで速度記録に挑戦し世界新記録(49.43195km/h)を達成した際に乗っていたコルナゴ製トラックレーサー(ブリュッセル、エディ・メルクス駅にて)。

毎日新聞朝日新聞によると、両輪にブレーキを装備していない競技用自転車・『ピスト』に乗って公道を走行したとして、大阪府警交通指導課は、大阪市内在住の20代の飲食店経営の男性を、道路交通法違反(制動装置不良自転車運転)の容疑で大阪区検書類送検したと、11月22日UTC+9)に発表した。

朝日新聞によると、同区検は、男性を同罪で略式起訴。同府警の話では、男性は大阪簡裁から罰金6,000円の略式命令を受けた。毎日新聞によれば、ピストを運転して罰金命令を受けるのは日本全国初。

毎日新聞によると、略式起訴の内容は、10月8日大阪市中央区市道でピストを運転したというもの。この男性は、8月26日にも同区内の御堂筋をピストで走行したとして書類送検され、この時は不起訴処分となっていた。同区検は、今回は2回目であり悪質と判断、略式起訴に踏み切ったもの。また、朝日新聞が同府警の話として伝えたところでは、8月以降、ピストで公道走行をした容疑で36件で赤切符を切ってきたという。

毎日新聞が同課の話として伝えたところによると、ピストは、ペダルを止めることでブレーキがかかる仕組みとなっており、公道において運転することは禁止されている。この男性は、「ブレーキが無くても、足で止まれば大丈夫だと考えていた」と話している模様である。

毎日新聞によると、ピストは若者から人気があるが、警察庁10月に、各警察本部に対し取締りを強化するよう通達を出していた。また、朝日新聞によれば、ピストを巡っては、東京都内で歩行者がはねられ死亡する事故も発生しており、日本全国で取締りが強化されるようになった。

情報源[編集]