ピカソの絵画、約9,500万ドルで落札―史上2位の高値

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年5月5日】 アメリカ合衆国ニューヨークで行われたオークションで、パブロ・ピカソの作品「ドラ・マールと猫」(Dora Maar au Chat) が8,500万ドル、手数料などを含めると9,521万6,000ドル(約108億円)で、落札された。競売にかけられた絵画としては史上2番目に高い落札価格となった。

朝日新聞、ロイターによると今回のオークションは、サザビーズ社 (Sotheby's) とクリスティーズ社 (Christie's) が共同で5月2日から開催していたもの。印象派モダンアートがテーマで、個人が所有しており長らく展示されてこなかった作品が多いという。

読売新聞、朝日新聞によると、この絵画はサザビーズの出品の中でも目玉とされていた。事前の予想では「ドラ・マールと猫」は5,000万ドル(約57億円)で落札されると見られていたが、結果は予想を大きく上回る高値での落札となった。一方、クリスティーズの目玉とされていたゴッホの「アルルの女(ジヌー夫人の肖像)」(L'Arlésienne) は、4,000万ドル~5,000万ドルとの事前予想どおり、4,033万6,000ドル(約45億7400万円)で落札された。

ロイターによると、これまでの絵画の落札価格をみると、第1位が2004年に1億416万80,00ドルで落札されたピカソの「パイプを持つ少年」。第2位が8,250万ドルで落札されたゴッホの「医師ガシェの肖像」で、今回の落札価格はこれを上回った。

出典[編集]