ビル・ゲイツ氏、2008年7月にマイクロソフトから退く

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイクロソフト本社

【2006年6月22日】

CNETなどによると、マイクロソフトビル・ゲイツ会長は15日、2年後の2008年7月よりマイクロソフトの経営の第一線から退くことを発表した。同氏が設立した:ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を活動の場とすると見られる。[1]

同氏は、最高ソフトウエア設計者の地位にレイ・オジー氏を、また、最高研究・戦略責任者の地位にクレイグ・マンディー氏を任命した。[2][3]

なお、発表翌日のナスダックのマイクロソフトの株価は下落した。[4]


出典[編集]

  1. Elinor Mills、翻訳校正:尾本香里 『MS会長B・ゲイツ氏、2008年6月に事実上の退任へ』CNET、2006年6月16日。
  2. 村山恵一 『マイクロソフト会長、08年に経営から引退』日本経済新聞、2006年6月18日。
  3. 『MSビル・ゲイツ氏、08年7月に経営の一線引退』朝日新聞、2006年6月18日。
  4. 千田浩之 『米国株、反落で始まる――ゲイツ氏引退発表のマイクロソフトは下落』日本経済新聞、2006年6月16日。