パ・リーグ、2005年度レギュラーシーズン終了 個人タイトル確定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月29日】

報道機関各社が9月28日伝えたところによると、日本プロ野球パシフィック・リーグは9月28日に各地で開かれた3試合を持って、2005年度のレギュラーシーズンリーグ(交流戦込み136試合)の全ての日程を消化し、各チームの順位が以下の表の通り確定した。

順位 チーム名 勝数 負数 分数 勝率 首位との
ゲーム差
1 ソフトバンク 89 45 2 .664 -
2 ロッテ 84 49 3 .632 4.5
3 西武 67 69 0 .493 23
4 オリックス 62 70 4 .470 26
5 日本ハム 62 71 3 .466 26.5
6 楽天 38 97 1 .281 51.5

これにより、ソフトバンク、ロッテ、西武の3チームがプレーオフ(決勝トーナメント)の出場権を獲得した。プレーオフの日程は以下の通りで行われる。

  • 準決勝・ロッテvs西武
会場は全試合とも千葉マリンスタジアム。先に2勝したチームが決勝進出
  • 第1戦 10月8日14:00
  • 第2戦 10月9日14:00
  • 第3戦 10月10日18:00
  • 決勝・ソフトバンクvs準決勝の勝者
会場は全試合とも福岡Yahoo!Japanドーム。先に3勝したチームがリーグ優勝。但し準決勝で西武が勝ち上がった場合、ソフトバンクと西武のゲーム差が23ゲーム離されているため、規定によりソフトバンクに1勝分のアドバンテージが与えられる。
  • 第1戦 10月12日18:00
  • 第2戦 10月13日18:00
  • 第3戦 10月15日18:00
  • 第4戦 10月16日18:00
  • 第5戦 10月17日18:00

また朝日新聞によると、個人賞も以下の表の通り確定し、ソフトバンクの松中信彦が最多打点(3年連続受賞)と最多ホームラン(2年連続受賞)の2冠を決めたが、打率は西武の和田一浩(初受賞)に首位を明け渡し、2年連続の3冠王達成は出来なかった。また投手部門ではソフトバンク・杉内俊哉が最優秀防御率・最多勝利数の2冠を獲得している。なお最優秀投手のソフトバンク・斉藤和己は13勝以上記録した投手の勝率1位での受賞である。

タイトル名 選手(チーム) 記録
首位打者 和田一浩(西武) .322
最多ホームラン 松中信彦(ソフトバンク) 46本
最多打点 同上 121打点
最多安打 和田一浩 153本
最高出塁率 松中信彦 .412
最多盗塁 西岡剛(ロッテ) 41個
最優秀防御率投手 杉内俊哉(ソフトバンク) 2.11
最多勝利数投手 同上 18勝
最優秀投手 斉藤和己(ソフトバンク) .941
最多奪三振投手 松坂大輔(西武) 226個
最多セーブ投手 小林雅英(ロッテ) 29セーブ
最多中継ぎ投手 菊地原毅(オリックス) 36ホールドポイント

出典[編集]