パレスチナ評議会選挙でハマースが勝利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
パレスチナの旗
選挙区

【2006年1月27日】

北海道新聞などによると1月26日夜パレスチナ中央選挙管理委員会はパレスチナ自治区で1月25日に行われたパレスチナ立法評議会(定数132)選挙の開票の結果、イスラム主義団体ハマースحماس イスラム抵抗運動)の政治組織「変化と改革」が過半数の76議席を得たと発表した。マフムード・アッバース自治政府議長の与党でパレスチナ解放機構 (PLO) 主流派ファタハの「パレスチナ解放運動」は43議席に留まった。

当初はファタハのリードとハマースの追い上げが予想されていたが、ハマースが圧勝とする開票予測を受け26日には自治政府のアハマド・クレイ首相が総辞職の意向を表明した。

朝日新聞によれば、アメリカ合衆国政府は27日、ハマースが現在の武装闘争路線を捨て、イスラエルと共存するを道を採るのでなければ、パレスチナに対する支援を見直すとする方針を示した。しかし産経新聞によれば、ハマースの幹部ハニヤ氏が28日、「国際社会の脅迫に屈しない」とロイター通信語り、武装放棄の意志がないことを明らかにした。また、ハマース幹部のマシャル氏はファタハなどPLO各派を「パートナー」と呼び、連立、連携の可能性を示した。CNNによると、イスラエル国防省高官は、飛び地となっているガザ地区ヨルダン川西岸地区の間をハマスの当選議員が自由に往来することを許可しないと述べた。

出典[編集]