パウエル、100メートル走でまた世界新「9秒74」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年9月10日】

日本経済新聞によると、9月9日UTC+2)にイタリアリエーティで行われた陸上の世界大会、リエーティ・グランプリの男子100メートル予選で、ジャマイカアサファ・パウエル9秒74の世界新記録を樹立した。これまで自身が保持していた9秒77の記録を更新する形となった。

追い風1.7メートルという条件下で好スタートを切り、最後はやや力を抜きながらゴール。また、決勝戦では無風と言う条件下で9秒78というタイムを残し、実質上予選タイムを上回る形となった。パウエルは03年の世界選手権で失格、04年は9秒台を9回マークしながらアテネ五輪5位、07年の大阪陸上では3位という結果に終わっており、今回が規模の大きい大会での初優勝となった。

出典[編集]

外部リンク[編集]