バリー・ボンズ選手、大リーグ史上2位の715ホームラン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボンズ選手715ホームラン記録へのカウントダウンを表示する掲示板(資料 713号の時点)

【2006年5月31日】

スポーツニッポンによると、アメリカ大リーグサンフランシスコジャイアンツバリー・ボンズ選手が5月28日 (UTC-7) にサンフランシスコで開かれたコロラドロッキーズとの対戦で、現役通算715ホームランを打ち、ベーブ・ルース選手が持っていた714本を抜いて大リーグ歴代第2位のホームラン記録を達成した。

デイリースポーツと朝日新聞によると、この715ホームランは4回ノーアウト1塁の場面で、ロッキーズの金炳賢投手からセンターに2ランホームランを放ったものである。スポニチによると、全米第1位はハンク・アーロン選手の持つ755本で、これまではあと40本になる。またボンズ選手は2001年に年間最多ホームラン記録となる73ホームランの記録も保持している。

出典[編集]