ハンガリー首都でデモ、警察隊と衝突

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月20日】

産経新聞によると、ハンガリーの首都ブダペストで18日夜 (UTC+2) から翌朝にかけて反政府デモがあった。また、19日夜から翌朝にかけても再び反政府デモが行われた。21日には全国規模の学生でも予定されている。

CNNによれば、19日未明にはデモ隊がマジャール・テレビの本部を襲撃し、放火した。デモ隊は警察と衝突、警察は放水でデモ隊を鎮めたが、50人が負傷した。また産経は150人が負傷したと伝えている。

また、19日夜から翌朝にかけてはジュルチャーニ・フェレンツ首相の退陣を求めるデモが行われ、1万人が参加した。

日本経済新聞、朝日新聞によると、きっかけは17日夜に国営ラジオが放送したテープで、5月に録音されたもの。首相が一部の党員に対して、「4年間何もせず、朝から晩までウソをついていた」と発言している。

出典[編集]