ハリケーン・スタンによる土砂崩れで1,000人以上が死亡か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search
ハリケーン・スタン、4日午後10時15分(日本時間)、米国海洋大気圏局による

【2005年10月9日】

1日から5日にかけて、中央アメリカを襲ったハリケーン・スタンの豪雨によって、5日、グアテマラで土砂崩れがあり、1,000人を超える行方不明者が出た。土砂崩れから3日が経過し、9日の中国国際放送局は、ほぼ全員が絶望と伝えている。

9日の日本時間16時13分のCNN=ロイターによると、土砂崩れのあったのはグアテマラの西部のパナバ村。9日の日本時間13時26分、中国国際放送局が伝えたところによると、一部の遺体を発見している。

行方不明者についての数字は、報道によりまちまちである。CNN=ロイターによると、ある地元当局者は1,400人、別の地元当局者は1,000人が行方不明と語った。9日の中国国際放送局によれば、グアテマラ政府は、2,000人が死亡した可能性があると発表した。

同じCNN=ロイターの報道では、この他にエルサルバドルで67人、メキシコで20人、ニカラグアで10人、ホンジュラスで4人、コスタリカで1人の死者が確認されている。

米国海洋大気圏局ナショナルハリケーンセンターによれば、ハリケーン・スタンはユカタン半島の東のカリブ海で1日(米国中部夏時間、UTC-5)に熱帯低気圧20号として発生し、ユカタン半島を横断、4日にはハリケーンとなってメキシコ地峡に再上陸した。その後4日中に熱帯低気圧に勢力を落としたが、NHKによれば、各地に大雨が続いた。

出典[編集]