ノーベル医学・生理学賞、ウィルス発見の独仏3氏に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年10月7日】

カロリンスカ研究所は6日、2008年のノーベル生理学・医学賞ハラルト・ツアハウゼン氏、フランソワーズ・バレシヌーシ氏とリュック・モンタニエ氏の3名に贈ることを決定した。ノーベル財団の公式ウェブサイトが同日に掲載した。

それによると、ツアハウゼン氏は「子宮頸がんを引き起こすヒト乳頭腫ウイルスの発見」、またバレシヌシ氏とモンタニエ氏は「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見」を受賞理由としている。また、同財団によると受賞には1000万スウェーデン・クローナの賞金があり、ツアハウゼン氏に半分、バレシヌーシ氏とモンタニエ氏にはそれぞれ4分の1が与えられる。

  • ドイツのハウゼン氏は1936年生まれ。「ドイツがん研究センター」(German Cancer Research Centre)の研究者。
  • フランスのバレシヌーシ氏は1947年生まれ。フランスの「パスツール研究所」(Institut Pasteur)の研究者。
  • フランスのモンタニエ氏は1932年生まれ。フランスの「エイズ研究予防世界財団」(World Foundation for AIDS Research and Prevention)の研究者。

出典[編集]

外部リンク[編集]