ナイジェリアで国内機が墜落、106人が搭乗、7人が生存

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月30日】

(資料)ナイジェリアの首都アブジャ

ナイジェリアの首都アブジャで、29日 (UTC+1)、国内線旅客機が墜落し、炎上した。朝日新聞によれば、搭乗していた106人の内、7人の生存が確認された。

墜落したのは民間航空会社、ADC航空の旅客機で、同国北部の都市ソコトに向かうため、アブジャを離陸した直後に墜落した。現地は当時、暴風雨だった。

この旅客機には政府高官や、上院議員が搭乗しており、ナイジェリアのイスラム教の最高指導者であるムハマド・マシド氏の死亡が確認された。

Wikipedia
ウィキペディアADC航空53便墜落事故に関する記事があります。

出典[編集]