ドリームジャンボ宝くじ発売開始 30周年を記念した新くじも登場

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年5月19日】

西銀座デパート・チャンスセンター (参考資料、2005年11月撮影、GFDL)

共同通信によると、ドリームジャンボ宝くじが5月19日から全国一斉に発売された。

今年は従来の前後賞を含む1等賞金3億円 (1等2億円が32本、前後賞5000万円が64本) のジャンボ宝くじに加え、ジャンボ宝くじ30周年記念として、「ミリオンドリーム」という新しい宝くじが発売された。これは、「当せん金額が低くても当せん本数が多い方がよい」という利用者の要望で実現したもので、1等100万円が3000本当たる。毎日新聞によると、発売は6月6日まで。同17日に抽選会がある。

毎日新聞によると、このドリームジャンボの発売に合わせて、1等の賞金が多く出るとして知られている西銀座デパート・チャンスセンターには午前8時半に発売が開始される前から、約450人が行列を作っていた。一番乗りのさいたま市の会社員 (57歳) は「何かの間違いで当たることもあるだろうと思って買った。もし当たったら、良い車を買いたい」と語っている。

サンケイスポーツによると、今回のドリームジャンボ発売に合わせて、俳優・西田敏行氏が出演するCMに、コメディアンダチョウ倶楽部のメンバーの一人・上島竜兵氏が加わってPRする事になった。これは西田氏が扮する「西田夢蔵」という歌手のシリーズに、夢蔵に似た「小夢蔵」という上島氏が扮したキャラクターが登場するというものである。

出典[編集]