トロントで旅客機墜落 乗客乗員みな無事

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月4日】

エアバスA340(資料)

現地時間(東部夏時間)2日午後4時3分(UTC-4、日本時間3日午前5時3分)、エールフランス航空358便エアバスA340使用)パリトロント着便が、着陸時、トロント・ピアソン国際空港の24L滑走路の終端に墜落、炎上した。死者はなかった。この事故のためトロント空港に着陸予定だった後続機は、オタワ、ウィニペグ両空港に振り替え着陸した。

負傷者は40人ほどだが、生命に別状はなく、付近の病院で治療を受けた。乗客は297名、乗員は12名だった。

トロント空港管制局のスティーブ・ショー氏は、記者会見で「われわれが現在知る限りでは、乗客は機体が炎上する前に脱出することができた」と語った。

この飛行機はフランス・パリのシャルル・ド・ゴール国際空港からトロントへ向かった。着陸時、トロントのピアソン国際空港では、激しい雷雨のため飛行機の出発を見あわせ、運行ダイヤが混乱していた。墜落した飛行機がこの雷雲の中を飛んだことと、事故はなんらかの関係があると推測されている。

飛行機は滑走路の終端を200mオーバーランし、遮蔽柵を超え、高速道路401号線に近い谷間にある木立に飛び込み、そこで炎上した。滑走路は最近建設されたもので、空港ではもっとも短かかった(9千フィート)。

北米での最近の大規模な飛行機事故はアメリカン航空587便の事故である。エアバスA340による死者は就航以来出たことがない。

ウィキニュース英語版8月2日(現地時間)の記事に基づきます。

出典[編集]