チリでの大地震、日本にも津波の影響に警戒を

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年2月28日】 NHKによると、2月27日(UTC-4)に発生したチリでの大地震で、日本気象庁太平洋沿岸にも高さ1-3mの津波が起こる危険性が高いとして、太平洋沿岸に津波警報(大津波警報を含む)を発令することを決めた。

東京新聞によると、気象庁は日本に津波が到達する場合、早いところでは2月28日午後1時(UTC+9)すぎに到達するという見通しを示している。午後1時過ぎに小笠原諸島父島に津波が到達し、それ以後午後1時半ごろ北海道東岸、更に三陸沖から房総半島などの関東沿岸には午後2時ごろ、東海地方沿岸から紀伊半島にかけては2時半ごろに到達するだろうという予報を出している。

NHKによると、気象庁は青森県の太平洋沿岸、岩手県宮城県に大津波警報(3.0m以上の津波が予想される地域に出される警報)を発令した。これらの地域では午後1:30ごろに3mの津波が到達されるだろうという予想が出ている。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]

Wikipedia
ウィキペディアチリ地震 (2010年)に関する記事があります。

外部リンク[編集]