タンザニア、コンゴ民主共和国国境でM6.8

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央の星印が地震の震央。

【2005年12月6日】

米国地質研究所(USGS)によると、タンザニアコンゴ民主共和国国境付近で、協定世界時(UTC)5日午後0時19分(日本時間午後9時19分)頃、マグニチュード6.8の地震があった。震央は両国の国境となっているタンガニーカ湖南緯6.212度東経29.599度

ロイター、CNN/APによると、コンゴ側では、震央の55km北西にあるカレミの町で、数人の死傷者が出て、家と教会が壊れた。子供が壊れた家屋の下敷きになって、死亡したとの情報がある。CBCによると、揺れは、コンゴ、タンザニア、ケニア、ブルンジ、およびルワンダで感じられた。

出典[編集]