タクシーが近鉄線路を走行

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日新聞の記述によるタクシーの走行経路。国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省による

【2006年5月24日】

23日午後10時40分 (UTC+9) 頃、近鉄吉野線の岡寺駅(奈良県橿原市)で、線路をタクシーが走行した。

朝日新聞によると、タクシーが岡寺駅の北に隣接する踏切を渡っているときに滑って脱輪し、脱出できずにそのまま南に向かって線路を走行し、約70m(共同通信などによると100m)進んで駅のホームの南端で止まった。東京新聞によれば、駅員が異音に気づき、警察に通報した。タクシーには乗客が乗っていた。けが人はなかった。

日本経済新聞によれば、たまたまこの時間には列車が駅に差しかからなかったため、衝突事故などは起こらなかったが、5本の列車が運転を取りやめるなどの影響が出た。タクシーはレッカーで排除した。

橿原署は、タクシー運転手を列車往来妨害の疑いで、現行犯逮捕した。

出典[編集]