セ・リーグ、2007年度からのプレーオフ開催検討へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月7日】


日本プロ野球・セントラル・リーグ理事会が9月5日東京で開かれ、2007年度のシーズンを目途としてプレーオフ制度を行うことを前提にした検討を行うことで合意。横浜ベイスターズの田中浩常務を座長とした検討会で話し合いを持ち、2006年度の交流試合期間中に具体策をつめることになった。9月5日、各種報道機関が伝えた。

当初は2006年度からのプレーオフ導入を検討していたが、一部の参加チームから了承を得ることが出来なかったために採用は見送られ、今後検討会で参加各チームの意見を基にして具体的な方法を詰めると読売新聞は伝えた。

現在、日本のプロ野球ではパシフィック・リーグのみがプレーオフ制度を採用している。2004年度からパ・リーグではレギュラーリーグの上位3チームのトーナメント方式を実施しているが、この方式に関してはセ・リーグの各参加チームに反対意見が多い。またサンケイスポーツによれば、選手会読売ジャイアンツなどの一部チームではセ・パ両リーグ統一方式による「ポストシーズントーナメント」の構想があるという。

なお、朝日新聞によれば、現在セ・リーグでは2001年度から勝率と勝ち星数のトップチームが異なった場合に最大3試合のプレーオフ戦を実施することを制度化している。

出典[編集]