セルビア、NATO空爆で壊れた橋が再建される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年10月14日】

建設中の橋(資料)

セルビア・モンテネグロ共和国内セルビア共和国ノヴィ・サド(北緯45度15分東経19度51分)で、ドナウ川にかかる橋がこのほど開通した。1999年のコソボ紛争北大西洋条約機構(NATO)の空爆により破壊された橋のひとつ。6年ぶりに交通が回復することになった。

橋が破壊されたことで、残骸によりドナウ川の河川交通も途絶していた。6年間の間、残骸のために船の航行は限定された範囲でのみ可能だった。仮設橋は週に3日のみ船に対して開放されていた。

ノヴィ・サド()。★はベオグラード

8日土曜日、橋が開通すると、大きな興奮が市に沸き起こった。8日の開通式には欧州連合各国から来賓が出席した。市長が開通を宣言し、橋の交通が解禁された。開通を祝う祝賀行事は11日まで催された。「平和の橋」と名づけられた新しい橋の建設費用は、3,400万ユーロを要した。

ドイツ語版ウィキニュースからの翻訳です。

出典[編集]

Wikipedia
英語版ウィキペディアNovi Sadに関する記事があります。